最新版の太陽光発電

変わった場所に設置する極意

自宅やビルに直接取り付けるのが当たり前でしたが、最新の方法では太陽光発電を街灯の上に設置することができたり、空き地に設置することができたりします。ですので、自宅が不向きなら他の方法で試してみるといいでしょう。そうすることによって、快適なオール電化にすることができます。

最新の方法を伝授

男性

街灯に付けられる

従来では、宮城にある太陽光発電は自宅の屋根につけることが常識的でしたが、今では屋根以外にも付けられるようになっています。例えば、街灯の上に設置するだけで街灯の費用を浮かせることが可能です。他にも、太陽が向いている方に自動的に向くので、確実に発電することが可能です。

平面でもオッケー

雪が多く降る宮城県では、屋根が斜めになっているものが基本になっています。しかし、それに太陽光発電を設置するのは難しいので、自宅やビルの壁面に付けることも可能になっています。そうすることによって、雪が積もることもなく、太陽が出てさえいれば毎日のように電気を得ることができるようになるでしょう。

自宅に屋根がない場合

宮城県では屋根がある自宅が一般的ですが、気候があたたかい地域になると屋根がない家が存在します。しかし、そうすると屋根には付けることができないので、太陽光発電を付けたいのなら、自動車を閉まっているところや物置の屋根に設置することで、通常のように使用することができるようになるでしょう。

土地に建てる

親から引き継いだ土地が余っているのなら、そちらに太陽光発電を置くといいでしょう。特に、自宅に日当たりのいいところに土地を持っているのなら、余った分の電気を売ることもできるので、固定資産税の負担を減らすことにも繋がるでしょう。損をしたくないのなら、今すぐ導入するべきです。

広告募集中