宮城で太陽光発電を取り付ける注意点

デメリットを知る

作業員

日陰が多いと意味がない

都会で暮らしていれば、毎日のように至る所でビルが建て替えられています。そして、自分が住んでいるところに今は大きなビルがなくて日当たりが良好でも、将来的に高いビルが建つ可能性は十分にあるので、そちらを考慮するといいでしょう。

費用がかかる

宮城でも太陽光発電を取り付ける費用として、最低でも150万円前後はかかってしまいます。また、屋根によっては難しい場合もあるので、そのことを考慮しなければなりません。そして、数を増やす毎に値段がアップしてしまうので、注意が必要といえます。

音がすることがある

太陽光発電には、発電するために必要なパワーコンディショナーが発生します。その音は基本的に小さく、日常生活を脅かすほどのものではありません。しかし、中には小さな音でも気になる方もいるので、神経質な方は事前に宮城の業者に相談するべきです。

詐欺かもしれない

宮城でも太陽光発電を訪問販売する方は多くいますが、その中には、悪徳業者といわれるものが潜んでいるのも事実です。ですので、すぐに契約してしまうのではなく、後で本当に優良業者かどうかを見極める目が必要になるといえるでしょう。

太陽光発電を建てる前提でマイホームを選ぶなら

no.1

切妻屋根がベスト

こちらでは、太陽光発電を簡単に設置するだけではなく、どこの面にも均等に配置することができるので、こちらがお勧めになっています。また、屋根があるだけ置きたい方にとってもこちらの屋根がベストといえるでしょう。

no.2

一枚でいいなら寄棟がいい

複数枚太陽光発電を取り入れることを検討していないのなら、寄棟でもいいとされています。また、南向きの部分だけに置くことも可能ですので、設置にかかる費用を極力抑えたいのなら、こちらの家を建てるといいでしょう。

no.3

陸屋根でも可能

こちらの屋根の形状として、平らなものが多いので、設置をする際には斜めにする必要があるといえるでしょう。そのため、こちらの形の場合は、土台を取り付けるための費用がかかることを念頭に置いておくといいかもしれません。

no.4

方形型が一般的

一般的なマイホームの屋根のデザインで方形型といわれている屋根があります。こちらは古くから日本の家によくある形ですので、強度さえあれば従来の家にも取り付けることが可能になっていいるので、専門業者に相談するといいでしょう。

no.5

片流れでも付けられる

雪の多い地域では、雪を落ち安やすくするために、片流れという屋根が多くあります。しかし、南向きのものには付けることができますが、北向きのものに設置するのは難しいため、断る業者がいることを知っておく必要があるといえるでしょう。

広告募集中